経営幹部人材や次世代リーダー、法人顧客の課題解決型ビジネスに従事される方に向けた、アカウンティング(会計・財務分析)の基本を学ぶ研修です。

研修のねらい

  • 2日コース
    • 経営人材として会計・財務を学ぶ必要性を認識する
    • 財務3表(貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書)の構造を理解し、読み解く力を養う
    • 財務諸表をもとに経営状況を分析し、経営課題の発見と解決策立案を行う手法を習得する
  • 1日コース
    • 経営人材として会計・財務を学ぶ必要性を認識する
    • 貸借対照表と損益計算書の構造を理解し、読み解く力を養う l財務諸表をもとに経営状況を分析し、経営課題の発見と解決策立案を行う手法を習得する

研修の目標

  • 2日コース
    • 財務3表(貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書)の構造と数値の意味を理解する
    • 財務3票を用いて経営分析を行い、ビジネスの構造や特徴を理解して、経営課題を発見することができる
  • 1日コース
    • 貸借対照表と損益計算書の構造と数値の意味を理解する
    • 財務3票を用いて経営分析を行い、ビジネスの構造や特徴を理解して、経営課題を発見することができる

研修カリキュラム(2日間コース)

1.経営人材に求められる会計・財務知識

(1)企業活動の成績表としての財務諸表
(2)決算書ができるまでの流れ
(3)複式簿記の特徴
(4)財務3表の目的と特徴

2.損益計算書の構造

(1)収益科目と費用科目
(2)5つの利益
(3)収益性の分析
■損益計算書を使った収益性分析演習

3.貸借対照表の構造

(1)資産、負債、純資産
(2)貸借対照表の主な勘定科目
(3)減価償却の考え方
(4)安全性(流動性)の分析
■貸借対照表を使った安全性分析演習

4.キャッシュフロー計算書の構造

(1)営業キャッシュフローの構造
(2)投資キャッシュフローの構造
(3)財務キャッシュフローの構造
■営業キャッシュフロー計算演習

5.経営分析の進め方

(1)2表を組み合わせた収益性、安全性の分析
(2)生産性、成長性の分析
(3)損益分岐点の分析
■損益分岐点 計算演習

6.事例企業分析演習

(1)事例企業の経営分析
(2)事例企業の課題検討
・個人演習、グループ演習、発表

研修カリキュラム(1日コース)

1.経営人材に求められる会計・財務知識

(1)企業活動の成績表としての財務諸表
(2)決算書ができるまでの流れ
(3)複式簿記の特徴
(4)財務3表の目的と特徴

2.損益計算書の構造

(1)収益科目と費用科目
(2)5つの利益
(3)収益性の分析
■損益計算書を使った収益性分析演習

3.貸借対照表の構造

(1)資産、負債、純資産
(2)貸借対照表の主な勘定科目
(3)減価償却の考え方
(4)安全性(流動性)の分析
■貸借対照表を使った安全性分析演習

4.事例企業分析演習

(1)事例企業の経営分析
(2)事例企業の課題検討
・個人演習、グループ演習、発表

貸借対照表・損益計算書の構造や読み方を理解した上で、2票を組み合わせた経営分析の練習を行います。
2日間コースでは、1日研修で学ぶ内容(貸借対照表・損益計算書まで)に加えて、キャッシュフロー計算書や損益分岐点分析など、より高度な経営分析について学びます。

研修概要

2日間コース

  • 日数:2日間
  • 標準開催時間:10:00〜17:00(1時間休憩を含む)
  • 受講人数:推奨16名、最大24名
  • 推奨対象者:経営幹部人材、およびそれに準じる立場にいる方、法人顧客の経営課題解決に携わる業務を担う方
  • 実施形式:集合研修 または ライブオンライン配信
  •  標準見積価格:600,000円(税抜)
    • 見積額は実施時期や参加人数によって変更になる場合があります。詳しくはお問い合わせください。

1日間コース

  • 日数:1日間
  • 標準開催時間:9:30〜17:30(1時間休憩を含む)
  • 受講人数:推奨16名、最大24名推奨
  • 対象者:経営幹部人材、およびそれに準じる立場にいる方、法人顧客の経営課題解決に携わる業務を担う方
  • 実施形式:集合研修 または ライブオンライン配信
  • 標準見積価格:300,000円(税抜)
    • 見積額は実施時期や参加人数によって変更になる場合があります。詳しくはお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから