研修のねらい

職場の心理的安全性を高め、部下や後輩が前向きで主体的に仕事に取り組み、能力や就労意欲を高めるための、管理職としての関わり方 (コミュニケーション技術)を習得する

コースの目標

  • 職場づくりにおける管理職の役割を認識し、心理的安全性の高い職場の特徴を理解する
  • 人材を指導・育成するプロセスを学び、育成計画の作成方法、意欲や能力を高める効果的な接し方を理解する
  • 診断ツールを通じて自身のコミュニケーションスタイルの特徴を踏まえた上で、フィードバックやコーチングの進め方、傾聴や質問などの具体的なコミュニケーション技術を習得する

研修カリキュラム

1.職場リーダーとしての役割と面談の必要性 (1)管理職の役割、職場における心理的安全性 (2)人材成長のメカニズム、人材育成の手法 (3)OJTの進め方、面談の重要性 2.自己理解と他者理解 (1)パーソナリティの構造 (2)自己開示とフィードバックの重要性 (3)エゴグラムによる自己分析 3.部下・後輩育成で発揮するコミュニケーションスキル (1)コミュニケーションの様々なスタイル (2)話の聴き方、質問 (3)動機づけの仕方、褒め方・叱り方 4.計画的な人材育成 (1)人材育成課題の設定 (2)部下の観察情報の整理 (3)育成計画の作成 5.面談の実践トレーニング (1)面談シナリオの作成 (2)面談ロールプレイング演習 (3)相互フィードバック、改善ポイントまとめ ■研修の振り返り、まとめ *受講者の人数や当日の進行具合によって、カリキュラムが変更になる場合があります

指導や育成の目的に応じて、部下へのコミュニケーションスタイルを使い分けます

深掘り、展開、仮定の「3D質問」を用いて、部下に「考えさせる」質問技術を習得します

成長が停滞する部下へをパターン別に整理し、適切な関わり方を選択します

研修概要

  • 日数:1日間
  • 標準開催時間:9:30〜17:30(1時間休憩を含む)
  • 受講人数:推奨16名、最大24名
  • 推奨対象者:管理職層、監督職層
  • 実施形式:集合研修 または ライブオンライン配信
  • 標準見積価格:300,000円(税抜)
    • 見積額は実施時期や参加人数によって変更になる場合があります。詳しくはお問い合わせください。
 

お問い合わせはこちらから