「セルフマネジメント道場」は、自ら考えて行動し、自律的に活躍する人材を育成する研修コースです。組織の中核人材、次期幹部人材が自己管理能力を鍛える目的に適しています。自主的な課題設定と実践、報告を反復することで、「やることを決める」「決めたことをやる」力を養います。

コースのねらい

環境変化の激しい現代を生き抜くための自律性、課題設定力、実行力を養います。

コースの目標

  • 自分にとっての仕事の意義や意味を見出し、当事者意識をもって仕事に取り組む姿勢を高める
  • 24週間の実践期間を通じて、一週間単位で目標設定と計画の実行を繰り返し行い、その反復によって「自分でやると決めたことを、決めた通りに実行する」習慣を定着させる
  • 自律性の高い仕事への取組を率先して行うことで、周囲に対する牽引力・影響力を高める

コースの構成

  • 集合研修を計3回実施。その間に約3ヶ月(12ヶ月)ずつの実践期間を設ける
  • 期間中、受講者は週1回「今週の取組結果と振り返り」「来週の取組事項(目標)」をオンラインのプラットフォームに報告する。報告は数行程度を想定し、全員がお互いの投稿を確認する
  • 報告の投稿は講師も確認し、リアクション(いいね!または個別フィードバックなど)を行う

研修プログラム

3回の集合研修と24週間の実践活動(週次報告)を組み合わせた、6ヶ月間のプログラムです。

第1回

1.取り巻く環境変化と「仕事」のあり方
2.自分自身を動機づける「自分軸」
3.組織への理解と貢献
4.自律型人材への変革に向けて

(12週間の自主課題設定、実践、報告)

第2回

5.3ヶ月間の振り返り
6.時間管理の基本
7.業務の分類と優先順位
8.計画策定とスケジューリング

(12週間の自主課題設定、実践、報告)

第3回

9.半年間の振り返り
1)これまでの研修のポイント復習
2)成果報告会
・一人ずつ半年間の成果を報告
・受講者相互、講師による質疑応答
10.コース総括
・半年間の実践活動を踏まえて、講師から受講者へフィードバック

オンラインの「週次報告」プログラム

本コースの最大の特徴は、半年間にわたって毎週、翌週に取り組む課題の目標を自ら設定し、その結果を報告して、受講者相互の称賛や講師からのフィードバックを受ける「週次報告」というプログラムです。

「やることを決める」「決めたことをやる」これを毎週繰り返していくことで、自分で決めたことを実行する習慣をつくることができます。自主課題の設定と実践報告は、オンラインのコミュニケーションツールにて行います。実施する組織の情報セキュリティポリシーに応じて、適切なツールを選択して実施します。

Microsoft Teamsを使用した実践例

MicrosoftのコミュニケーションツールTeamsにプログラム参加者のチームを作成し、毎週の講師からのメッセージ、参加者からの報告を行います。Microsoft Office365を導入され、組織のコミュニケーションにTeamsを使用されている企業や団体に適した実施スタイルです。

この場合、組織内のTeamsにチームを作成し、講師をゲストユーザーとして招待いただく形式でプログラムの運営を行います。週次報告の他、集合研修の事前課題や事後課題の配布や提出もTeamsを使用して行います。

Microsoft Teamsでの週次報告イメージ

slackを使用した実践例

週次報告の場として、ビジネスプラットフォームツールslackを用いる例もあります。プログラム参加者のチームを作成し、毎週の講師からのメッセージ、参加者からの報告を行います。組織内で特定のオンラインコミュニケーションツールを運用していない場合や、複数の組織からの受講者でクラスを編成する場合(グループ会社合同で行うなど)適したスタイルです。

この場合、当社がプラットフォームを用意し、受講者をゲストユーザーとして招待いただく形式でプログラムの運営を行います。週次報告の他、集合研修の事前課題や事後課題の配布や提出もslackを使用して行います。

Slackでの週次報告イメージ

 

研修概要

  • 日数:集合研修3日間+職場での実践活動24週間(6ヶ月間)
  • 標準開催時間:各日9:30〜17:30(1時間休憩を含む)
  • 受講人数:推奨16名、最大24名
  • 推奨対象者:管理監督職層・中堅社員層
  • 標準見積価格:1,762,000円(税抜)
    • 受講者16名、実施期間24週間の場合
    • 受講人数や実施期間によって、見積額は変更となります。詳しくはお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから