キャリアインベントリーをまとめる 2

前回の続きです。

まずは、業務ごとに作成したキャリアインベントリーシートの内容を↓のような書式にまとめ、経過が見られるようにします。

140813_carrerinventory1

後から編集や抽出、転用を行ったりすることも考え、キャリアインベントリーの内容はこの時点でデータ入力しておいた方がいいでしょう。

例として私の職歴を書いてみると、このような感じになります↓

140813_carrerinventory2

転職や異動の多い方は1ページに収まらないかもしれません。その場合は、2ページ目以降を作成してください。

次のステップとして、1枚にまとめたインベントリーの中から「興味」と「能力」に関する部分を抜き出して、マーキングします。抜き出しの目安として、

●興味
・やりたいこと/以前から、やりたかったこと
・自分が打ち込めること
・やっていて楽しいこと

●能力
・できること/できるようになったこと
・業務を通じて勉強したこと
・自分の中で得意とし、他人の役に立てること

というものを、インベントリーの中からマーキングしてみてください。

興味や能力を抜き出そうとして、それに見合う記述がない場合は、記述内容自体をいま一度掘り下げてみてください。書きだした時には思い出せなかったことでも、

・学んだこと
・できるようになったこと
・やっていて嬉しかったこと

などを、次第に思い出していくこともあります。一度に仕上げようとせず、少しずつ埋めていくという取り組み方でOKです。内容の正確さよりも、自分を振り返る時間を持つということ自体に意義があります。

マーキングができたら、抜き出した内容を下欄の「興味」「能力」の欄に書き出します。このような感じになると思います↓

140813_carrerinventory3

ここまできたら8割方完成。残る「価値観」の部分をここから見つけていきます。

  

投稿者プロフィール

小松 茂樹
中小企業診断士・キャリアコンサルタント。株式会社ビジネスキャリア・コンサルティング代表取締役。人材派遣会社、健康食品会社を経て、経営コンサルタントに転身。営業力強化・業務改善・生産性向上・ビジネススキル向上など幅広い範囲で、業績向上や人材育成の支援を行っている。理論的な背景と情熱的な語り口を交えた講演スタイルに定評があり、セミナーや研修で高い支持を得ている。

関連記事

  1. キャリアを形成するための「山登り」と「波乗り」~計画された偶然をつくる…

  2. 吉野家役員の問題発言から考える、失言回避と人間性・品格の重要性

  3. リスキリング 〜デジタル × 定年70歳時代を生き抜くために不可欠な自…

  4. 自分年表から重要な部分を見分ける

  5. 焦点のあて方次第で、幸せにも不幸にもなる(後編)

  6. ライフラインチャートを描く(後編)