モノが飽和し、人々の価値観が多様化した現代においては、ビジネスは単純にモノやサービスを販売すればよいというものではなくなりました。商品やサービスを通じて、顧客の潜在的な課題を発掘して解決したり、イノベーションにより新たな価値創出を行うことが求められます。そのためには、論理的で創造的な思考力が求められます。

固定概念や思い込み、過去の成功体験から脱却して、新しいアイデアを生み出す。限られた資源の中で、効果的にマネジメントや価値創造を行う。高度情報化時代における知的生産では、思考の質やレベルが成果を大きく左右します。

「考える力」は価値創出の源泉であり、そして限界がありません。日々刻々と変化する環境の中で、仕事で成果を上げ続けるためには、思考力を継続的に磨き続けていくことが求められます。